教育方針 POLICY

「五感で四季の移り変わりを感じ、自然と共にたくましく育つ子」

理念

自然豊かな環境のなか、心豊かな人格形成・心身の発達を培い、自尊心の育ちを大切にする保育・教育を目的とする。


方針

目標イメージ

生涯にわたり人間として生きていくための基礎になる力を培う大切な幼児期において、幼稚園教育要領・保育指針のねらいに沿って一人ひとりの子どもの育ちを大切にし、幼児期に相応しい環境のなか、「遊び」を通して発達や学びの連続性を踏まえた保育教育を行い、生きる力(知・徳・体のバランスのとれた力)の基礎を育む。
 また、子ども一人ひとりを尊重し、安心感や自尊感情を大切にし、自己肯定感を持ち、他者への思いやりの心を育てる。


目標

教育目標
知・徳・体の調和的発達を促し、のびのびと遊び、たくましく豊かな人間性の芽生えを培う。

めざす幼児像
・元気でのびのびと遊ぶ子ども
・自分で考え、自分らしく表現する子ども
・進んで身近な環境にかかわり、最後まで頑張る子ども
・友だちと協力し、思いやりのある子ども