教育内容 PROGRAM

給食について・・・完全給食の実施

一日の生活イメージ

・献立は毎月給食だよりでお知らせします。献立表に食育たよりも掲載していますのでご覧下さい。

・月1回程度お弁当日を実施します。園外で出かけたり、戸外で食べたり、子どもたちはとても楽しみにしています。お弁当日には水筒、敷物(シート)、おしぼりもお願いします。 (1歳までの離乳食は作ります。そら、ほし組さんはお弁当と水筒のみです) ・離乳食につきましては、ご家庭で3回食になった段階で給食を開始させて頂きます。ご家庭と連絡を取り、月齢に応じて個別に準備します。尚、離乳食の食材につきましては、原則ご家庭 で食された食材から使用させて頂きます。 ・食物アレルギーで除去を希望される方は、代用食を用意しますので、医師による診断書の提出をお願いします。解除される場合は、医師の許可をもらってから家で何回か食べてから『解除 届』を提出して下さい。(用紙は園に置いています) ・長時間部の3歳児~5歳児は保育料に主食費が含まれていませんので、一人あたりお米(7合)または400円を月初めに集めさせて頂きます。(短時間部は保育料に含まれています) ・食材は、原則として国内産の物を使用し、出来るだけ地産地消を心がけ、旬のものを取り入れる工夫をしています。また園で野菜等の栽培も行い、クラスでクッキングをしたり、園全体で 収穫祭等を行っています。 ・野菜の苦手な子も園では徐々に食べられるようになってきていきますが、お家でもいろんな味覚(刺激の強いもの以外)を経験させてあげて下さい。酢の物の酸味が苦手なお友だちも多い ようです。

お昼寝について

体験学習イメージ

(1)そら・ほし・にじ・つき組 ・パジャマに着替えて午睡します(にじ・つき組のみ)。ボタンの留め外しの練習にもなりますので、前留のパジャマでお願いします。 ・子ども用の掛布団、敷布団をご用意下さい。まくら、毛布は不要です。 ・「布団持ち帰り日」にはご家庭でシーツを洗濯して持って来て下さい。 ・布団のシーツは取り外しやすいようにして頂ければ嬉しいです。シーツ、布団にも必ず記名をお願いします。

(2)ひかり・たいよう組 ・長時間部は午後2時以降に軽く休息をします。 ・午睡布団の代わりにタオルケットを使用しますので、子ども用タオルケット2枚(掛け、敷用)を持って来て下さい。(バスタオル位の大きさ) ☆「布団持ち帰り日」にはご家庭でシーツ、タオルケットを洗濯して持って来て下さい。 ☆タオルケットにも必ず記名をお願いします。

服装について

・そら・ほし・にじ組は私服ですが、ボタン留めの服・スカート・吊りズボンはご遠慮下さい。(着脱のしやすい服装をお願いします) ・通園帽子は組別のカラー帽子をかぶります。(夏場は麦わら帽子でも可) ・上靴は白いシューズ(絵柄等可)を各自で準備して下さい。(そら、ほし組は不要) ・つき・ひかり・たいよう組は行事の時は必ず制服で、日常は私服でも結構です。 ・たいよう組は運動をする時に着替えますので、運動の出来る上下を1セット巾着袋に入れて園置きとさせて頂きます。(小学校で体育の授業の時に着替えるイメージです) ・6月~9月は素足保育を行います。 ・くつは出来るだけサイズに合った、底の厚くないものを選んで下さい。


ご家庭との連絡について

・ご家庭とこども園との連絡を密にするため、その日のお子さんの様子を連絡ノートに記入しますので、ご家庭でも十分にご活用いただき、お子さんの様子等をご記入下さい。なお、ひかり・たいよう組につきましては、子どもの口から伝えることを大切に考え、特記事項のみを出席ノートについているおたよりページに記入します。連絡ノートの確認は毎日お願いします(印やサイン等確認の印をお願いします) ・毎月園だより、クラスだより、給食だより、保健だよりなどを発行します。 ・その日のお子さんの体調が気になる時は電話か連絡ノートでお知らせください。


毎月の集金について

・長時間部、短時間部共に保育料、バス利用料は毎月25日に口座振替としますので、ご了承下さい。振替日が土日祝の場合は、翌日振替となります。 ・その他の経費につきましては、毎月15日に集金袋を持ち帰りますので、翌日にお願い致します。(それぞれの袋におつりのいらないようにお願いします。)また、兄弟姉妹一緒に入れて頂く場合は、ノートにその旨をご記入頂いたり、兄弟姉妹の袋を一緒に持って来て頂ければ嬉しいです。


災害等について

・台風・大雨・火事・大雪等の災害の場合には休園、または登降園時間を変更する場合があります。その場合はこども園より「よいこネット」等でご連絡させて頂きます。 ・「よいこネット」http:yoiko-net.jp 携帯等モバイルからこども園の緊急情報をキャッチできます。 登録をお願い致します。(園からのメールが届きましたら、その都度開封確認のチェックをして下さい)


健康について

子どもたちがすくすく育つことは、両親と家族、そしてすべての人々の願いです。子ども達が心も体も健康であるためには、ご家庭との連携を密にしていくことが大切だと考えます。 園児の健康管理のためにも次の点にご協力下さい。 (1)睡眠リズムを整える 睡眠のリズムは月齢や年齢により異なります。子どもたちが遊びを十分に楽しみ、ぐっすり眠ることは、発達上とても大切なことです。毎日の生活リズムを整えて下さい。

(2)食生活を豊かにする 1日3回の食事がきちんと摂れるようになると、体力がつき、病気も短時間で回復できる、ようになります。 特に朝ごはんは1日のエネルギー源となりますので、しっかり朝食を摂って元気に1日を過ごしましょう。 (3)病気について ①こども園はたくさんの子ども達が一緒に過ごす場所ですので、病気などはすぐに感染します。感染を防ぐためにも体調が悪い場合は医師の診断を受けて下さい。拡大防止のためにもご協力をよろしくお願い致します。また、感染症に罹患された場合は『登園許可書』が必要な場合がありますので、園にお問い合わせ下さい。 ②登園してから気分が悪くなったり、熱が37.5℃以上(平熱より1℃以上高い場合)上がった場合は、ご連絡させて頂きます。 連絡がありましたら早めのお迎えをお願いします。 ③原則、こども園ではお薬の投薬はしません。喘息、アレルギー、ケイレン等で血中濃度を保たないといけない薬のみ受け付けます。 ④病院を受診してからの登園はお勧めしません。

その他

・毎月2回、保育園より絵本を貸し出します。お家でゆっくりと絵本の読み聞かせをしてあげて下さい。 ・新入園児はスムースに園生活に慣れて頂くためにも少しずつ保育時間を延長する「ならし保育」を数日行いたいと思います。 ・キーホルダー・缶バッジ等は子ども同士のトラブルになったり、けがをする場合もありますのでつけないようにして下さい。お守りは可ですが、かばんから外に出ないようにして頂ければ嬉しいです。 ・通信文が沢山あり、見過ごしたり、無くされる方も多くあります。その都度個別でお伝えすることができない場合もあり、毎日通信文の確認等、園からの連絡の把握をよろしくお願い致します。